無知でもできるネット集客法

専門業者に依頼する

ネット上で広告を出す

ネットを全く使わずに広告を出す場合、ポストへ投函するチラシや掲示板へポスターを張ったりと時間も手間もかかります。
しかし、ネットで広告を出す場合、一部作りそれをネット上に載せるだけで良いので配る必要がまずありませんし、短時間でたくさんの方の目に触れさせることができます。
例えばヤフーやMSNなどの検索ができるサイトがありますよね。
いつもその隅っこや、記事の間、もしくは突然小さな画面で広告が出てくる、というものを目にしたことは誰でもあるかと思います。
業者を使う事でそれが可能になります。
目につきやすいヤフーの検索部分の真横などの広告は、月に数百万と高額ではありますが、そこから得られる集客数はそれ以上のものがあるといわれています。
予算的にそこまでは出せなくても、安い広告もありますので、業者の方に相談してみてはいかがでしょうか。

ホームページを作ってもらう

どの業種においても、ホームページは今の時代、あるほうが信頼性も出ますし、集客にも繋がりと言えます。
素人が無料で作れるサイトも多数ありますが、それも苦手な方はプロに作ってもらうという手もあります。
ホームページで必ず載せたい内容は、まずはビジネスの詳細。
会社名、住所や電話番号などの連絡先はもちろんのこと、どういった内容の業務を行う会社なのかも詳しく載せると良いでしょう。
また、写真も多く取り入れる事で、文字だけ並べられたものより見やすく、理解しやすくなるでしょう。
場合によっては社員の紹介をすることで信用性をさらにアップさせることができます。
例えば弁護士事務所などの場合には、そこに所属する弁護士紹介はある方が良いです。
何を専門としているのか、どういった経歴があるのか、モットーやコメントなどを加える事で、安心感を与える事ができます。

TOPへ戻る